当たり前の話、中古で買った車は新車よりも限界が早く訪れるものですが、私も最近、愛車の挙動にそれを感じることが増えてきました。ちなみに、私がかれこれ8年乗っている車は、ハッチバックタイプボディの今で言う中型車。当時としては燃費が比較的良かった為、家族を出かける目的で購入しました。



この車に寿命的な限界を感じる点は、まず、エンジンを掛けるのにキーを回しても一発で掛からなくなってきたところです。おそらくエンジンのスターターがヘタってきているのでしょう。また、高速道路などで早い速度で走っていると、妙に車体が軋む感覚があるのです。これは実際、走っていると「怖い」と感じています。

登録・廃車の申告 墨田区公式ウェブサイト

現在の我が愛車の走行距離は16万キロメートル。中古で買った時は、3万キロでしたから、我ながらよく乗ったものです。一般的には車の寿命は10万キロと言われていますから、6万キロも長く持ってくれたのだと思います。

軽自動車税 - くらしのガイド | 仙台市

ですが、車体的に「そろそろ危険かも」と感じることが増えている今、このまま乗り続けるわけにはいきません。今の車に愛着はあるのですが、次の車検で廃車にし、新しい自動車を購入しようかと妻と相談し始めました。
もちろん、その時は乗り慣れた今の車と同じ、ハッチバックタイプのものを買うことを、妻も私も決めています。