形成外科も美容整形も、身体の表層に対する施術を行いますが、そこには当然皮膚が含まれています。スキンケアという言葉に代表されるように、皮膚のシミ、シワ、毛穴の開きなどといった項目は、多くの化粧品会社や美容整形分野の企業が「抵抗勢力」と位置づけるものでした。

美しくなる女性の怒り方 for iPhone 3GS, iPhone 4, iPhone 4S, iPhone 5, iPod touch (3rd generation), iPod touch (4th generation), iPod touch (5th generation) and iPad on the iTunes App Store

あらゆる化粧品やサプリメント、美顔機や健康食品、あるいはエステシックなどといったものが、この皮膚のトラブルに対応することを標榜していますが、なんらかの具体的な根拠を持った商品やサービスというものは、実際にはほとんど存在しないというのが実状かも知れません。そうした状況にも関わらず、皮膚に対する美容を標榜するビジネスは膨れ上がり、一人歩きする根拠無き「治療」が横行することで、それに関するトラブルや事故も増加していくことは仕方の無いことでもあったのです。

美容整形 仙台

美容皮膚科とは、皮膚の疾患に関してはもちろんのこと、美容目的での皮膚科としても機能することを前提とした比較的新しい診療分野です。特に皮膚を対象としてアンチエイジングに対するアプローチは注目を集めており、根拠に基いた医療行為を行うため、皮膚の生理的構造やメカニズムの研究に主眼を置いているという点で、それまでの美容整形とは大きく異なると言えるでしょう。特にアンチエイジングという意味では、皮膚のメカニズムはとても興味深い研究対象であり、見た目の老化という観点からすれば、避けて通れない主題とも言えるものです。そこにビジネスと医学の両面から切り込んだ存在が、美容皮膚科というわけです。

美しくなるための食事と食べ方【ココミル】

また、美容皮膚科は臨床治療としての皮膚科学としての側面以外にも、美容分野をビジネスとして捉える向きがあり、そこに「根拠のない美容治療」が横行していることを憂えた結果として、皮膚科の医師によるアクションがあるとも言えるでしょう。健全で有効性のある皮膚の美容を目指す、新たな潮流としてにわかに注目を浴びる分野でもあるのです。
しかし、現状美容皮膚科はまだまだ社会的に認知されておらず、その活動も限定的ではあります。ビジネス的な観点を内包していながら、そのビジネス分野で立ち行くためのステップという意味では、まだまだ発展途上であると言えるでしょう。特に既存の美容整形や形成外科との住み分けは進んでおらず、実質的に同じ内容のクリニックも多く存在することから、利用する側には違いが分かりにくいということも、今後の課題といえるでしょう。