世界中どこの国でも、子供を授かるとお祝いと共に色々な儀式の機会があります。我が日本でも同様に様々な儀式がありますが、その中の一つに「お食い初め」という儀式があります。

伊丹市ウェブサイト | たみまるおすすめ弁当について

「お食い初め」は、新生児が生まれてから100日目に行う儀式で、この時期に新生児の口中に乳歯が生え始めることから、「一生食べることに困らないように」という願いを込めて、まだ通常の食事は出来ないながらも、食事をする真似をさせる儀式です。

一般的に「お食い初め(おくいぞめ)」と呼びますが、地域によっては「真魚始め(まなはじめ)」、「食べ初め」と呼んだり、初めて箸を持たせることから「箸初め」「箸揃え」と呼ぶ地域もあります。他にも、生後100日前後の儀式であることから「百日(ももか)の祝い」と呼んだり、「歯固め」と呼ぶ地域もあります。

また、生まれてからお食い初めまでの日数はちょうど100日という訳でもなく、地域によっては110日や120日後とするところもあるようです。

仙台 仕出し

お食い初めの歴史は古く、その起源は平安時代からと言われています。その後、江戸時代にはお食い初めの際には「膳部」と呼ぶお膳に載せて供する一通りの食べ物を揃えて、新生児に食事の真似をさせるようになりました。この膳部の中味はご飯や魚、餅を五個と酒、吸い物であったようです。

ホテルパールシティ仙台 レストラン【楽天トラベル】

その名残から、現在でもお食い初めの際には伝統的な形の祝い膳を用意します。お祝い事なので親族一同が集い、専用の仕出し料理を頼むことが一般的です。

祝い膳の内訳は一汁三菜を基本として、鯛など尾頭付きの魚に赤飯、煮物、香の物、紅白の餅、吸い物等があり、「歯が丈夫になるように」との願いで「歯固め石」と呼ばれるこ石を添えます。

仕出し料理のお店に「お食い初めの祝い膳で」と注文すれば、およそ上記のような品揃えで準備をしてくれるでしょう。