自分の口臭を気にする人は多いですね、社会人としての最低限のマナーだと教えられている人もいるでしょう。その為に歯磨きやマウスウォッシュを念入りに行う人も多いのではないでしょうか。

JCA

しかしその手入れの甲斐も無く、口臭に苦しむ人もいます。こういった方は、人と話すことを不得意とするようです、自分の口臭が話し相手に匂わないかどうかが気になってしまい、距離を取り、更には口を開けずに喋るあまり相手が上手く聞き取れなくなり、相手が不機嫌になる。こんな負のスパイラルに陥ってしまい、人と話すこと自体を極力やめてしまうというのです。

第4章「汗の科学」

こういった負の連鎖を断ち切るには、やはり原因となる口臭を取り除かなければいけません。口臭は約9割が口に原因があると言われています。しかし、勘違いしがちなのが、口に原因があると聞いて歯にばかり注目してしまう事です。口臭の原因となる細菌は歯だけではなく、舌や口の奥更にはのどにも住み着いているのです。その為、歯磨きだけでは、細菌を駆除した事にはならず、残った細菌が口臭の原因となってしまうのです。また、細菌は乾燥した環境を好み繁殖します。加齢とともに唾液の量が減少する事も、口臭の悪化の原因となるのですね。

名古屋 わきが 治療

そこで、お勧めするのがうがいです。口の中やのど舌等に残る細菌を取り除くため、また、口の中を乾燥させないためにもうがいをする事は効果的なのです。医師がお勧めしているのは1分のうがいを3セット行う方法と、話すときは表情豊かに話す事です。表情豊かに話す事で、口の神経が刺激され唾液が多くなり、殺菌と加湿の両方が効率的に行えるのです。