車に乗っていて、一つのターニングポイントになるのは「車検」ではないでしょうか?新車で購入して、最初は3年、次からは2年毎の更新間隔になる車検は、ちょうどメーカーの新車発表タイミングと重なりがちです。その上、この検査には毎回結構な金額が掛かることもあり、多くのドライバーが車検を通すか、それとも思い切って買い替えるか迷いがちです。

今乗っている車を車検を通してそのまま乗り続けるのと、新しい自動車に買い替えるのでは、どのようなメリットがあるでしょうか?ここで確認してみましょう。

廃車 手続き

まず、今の愛車をそのまま乗り続けるため、車検を通す場合です。このケースでは、「自動車の状態」により費用が大きく変わることがあります。あまりにもボディが痛んでいると、予想以上に修理費用が掛かることがあるので、事前に車検を受けるディーラーや専門店で概算を確認してみましょう。

原動機付自転車・小型特殊自動車の廃車手続き | 板橋区

乗り始めてからあまり年数が経過しておらず、車体もあまり痛んでいない場合は、買い替えよりも費用が掛からず、慣れた愛車にそのまま乗り続けられるというメリットがあります。

軽自動車等(バイクなど)を廃車する場合の手続きについて知りたい。 | 宇都宮市

次に、新しく乗り換えるケースですが、基本的に「車検を通さずに買い替える」という流れになるため、車検費用を節約できる利点があります。その上、最近の車は大変低燃費思考で設計されている車種が大部分なため、ランニングコストを低く抑えることが可能です。実際に買い替えた上でのコスト比較では、年間70万円ほど差が出るケースも確認されています。

このように、車検をするか、それとも新車に乗り換えるかには、それぞれ異なる利点があります。愛車の状態や自分の懐事情をよく考慮し、どうか満足のいく選択をしてください。